耳鳴りの原因とは

ところで、そもそも「耳鳴り」とは、なんでしょうか?

いったん原点に戻って、そこから考えてみる必要があります。

耳鳴りとは、音がしていないにもかかわらず何らかの音が聞こえる、という状態のことをいいます。

実は、最先端の現代医学をもってしても、すべての耳鳴りの原因が解明されているわけではありません。

多くの耳鳴りに悩む方が、病院の検査で「異常なし」「正常なので治療できません」といわれてしまうのは、このためです。

ほとんどの耳鳴りは本人しか聞こえないため、いくら症状を訴えられたところで、医師としては正常な体にメスを入れることはできないのです。

ではなぜ、耳鳴りが聞こえるのでしょうか?

まず、音というのは空気の振動です。空気のない宇宙空間では音は聞こえません。

ここでは小学校を超えて、もっと詳しく見ていきましょう。

空気の振動である音が、人間によって知覚され、「ああ、人の声だ、ピアノの音だ」と理解されるまでには、次のような経路をたどります。

人間が音として感じるものは、上記の経路をすべてたどって、やっと音として認識されます。

あなたは今、何の音が聞こえますか?
テレビの音ですか?
車が通る音、エアコンの音、呼吸をする音、マウスをクリックする音?

あなたが今、音として感じているものはすべて、上記の器官を全て間違いなく通過して、やっと大脳聴覚領野に到着し、音として認識されているわけです。

ということは・・・。

上記の器官の中で1つでも間違いがあった場合には、それは正常に認識されないということになります。

 ⇒ 詳細はこちらをクリック

MENU

無料メールマガジン

本当に自分で耳鳴りが治療できるか不安な気持ちはわかります。今まで治療をされてきた方の感想などを中心に不定期で配信しています。登録・解除はいつでも可能なのでお気軽にどうぞ。
お名前:
email :